枝光本町商店街アイアンシアター アイアンシアターからのお知らせ

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



枝光本町商店街アイアンシアター 館長 石橋智 あいさつ

枝光本町商店街アイアンシアターは2009年より北九州市八幡東区に本社を構える、株式会社光タクシーの協力のもと運営が始まった町のコミュニティースペースです。
5年目となる今年度からはレジデントカンパニー制、芸術監督制を廃止し新たな運営体制を構え、舞台芸術のみに限らず様々な芸術分野振興の一助となる場所を志し、邁進してまいります。
また八幡東区枝光における地域振興の拠点となるべく常に「開いた」場所を心がけ、地域住民の憩いの場、または地域住民と他地域との交流が可能なコミュニティースペースを目指します。
現在アイアンシアターでは上記の実現に向け、大幅な施設の改修を計画しており、2013年8月末までの完成を目標としております。

新体制に寄せて

枝光本町商店街アイアンシアターは、福岡県北九州市八幡東区枝光本町という場所にあります。
枝光本町という場所は、官営八幡製鐵所(現 新日鐵住金(株))の進出以降、一際隆盛を極めそのお膝元として大きく発展した場所です。
しかしその後、地域全体の高齢化は著しく、今でも多くの高齢者がこの場所で生活をしています。
そんなこの場所で地域ににぎわいを取り戻そうと、旧銀行跡を劇場としての機能を持ったコミュニティスペースとして再稼働させたことが、アイアンシアターの始まりでした。

開館からこれまで、国内外を問わず様々なアーティストがこのアイアンシアターに足を運び、多くの価値を残してくださいました。
それは地域にとって何ものにも代え難い貴重な体験となり、今もこの地にしっかりと残っています。
5年目となる今年度からはその価値を、当シアターを見守り支えてくださった多くの皆様にお返しすべく、より地域に根ざした運営を志す構えです。
様々な芸術作品の上演はもちろん、これまで当シアターと交流のなかった皆様にも愛着を持って集っていただけるような、より地域に開いた場所となるよう、新たな運営体制をもって挑もうと考えています。

誰のものでもなく、誰でも使える場所。
高齢者から若者まで、アート以外のコンテンツをもってアイアンシアターを利用したい方など、幅広い層の皆さまに当シアターを彩り、活用して頂きたいと思っています。
地域によって支えられているこの場所から、日常的なコミュニケーションと地域のにぎわいを創出していくよう、尽力して参ります。

枝光本町商店街アイアンシアター
館長 石橋智

アイアンシアターブログ


アイアンシアターからのお知らせや、ご報告を掲載しています。

2010年度シアター成果資料

アイアンシアターにて行った2010年度事業の成果をまとめました。
こちらよりご覧下さい。